忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





少年犯罪において、加害者側の家族には
発覚直後に、どんな事が起きてくるのか、、、
この映画では、役所が家に出張したかのようで
何でもアリという感じで、手続きされ
リアル過ぎて、事実とすれば、スゴイ!
あれよあれよと、現実的な処理がなされ、
家族がどう考えるか、どうしたいかは、
全く考える余地が無い状態で、事は進みます。

被害者側の衝撃はもちろんですが、加害者側からの視点として見ていても、重大なショックを受け、何も整理できないまま、どんどん引き離されて行く家族の姿には、胸が痛みます。

この映画を見て、被害者家族も加害者家族も、どんなに過酷でも、その後を生きていかねばならいこと、それを想像してみることが出来るなら、自分達には絶対に関係ないとは、誰にも言えないと思います。

何年か前に、神戸の事件の両親の手記を読みました。その中で警察側が、関係のない兄弟を親戚に預けるよう進言する話があり、加害者家族に対してもそういった配慮があることは知っていたのですが、その賛否を問うよりも、必要なことだとは感じました。(この本そのものには、なんだか違和感がありますが)

この映画での救いは、、、自らが踏み出せば、誰かが誰かを守る事が出来るというあたりでしょうか。重い映画ですが、この時代を生きる者として、見る価値はあると思います。

amazonの広告は、著作権をクリアした画像を使用する為に載せていますが、ストーリーやキャストもご覧になれます。
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

「誰も守ってくれない」ことはないと思う
見てみたいです。先日みた、さまよう刃は本を読んでいたので、実際本と映画は若干ちがってました。
でも自分の子供を殺されたら、きっと私も復讐するでしょう。最後の寺尾さんの銃にはたまははいってなかったのに。。。なんでうたれたのか、ただ殺される恐怖を味わってほしかっただけだったんじゃないかと思います。

加害者も被害者も重い十字架を背負っていきていかないといけないのですね。
でんでん虫 URL 2010/10/26(Tue)22:00:01 編集
でんでん虫さんへ
「さまよう刃」は見ていなくて、ごめんなさい。
もしこれをご覧になるなら、役所の人達の手続きシーンにご注目くださいね。ものすごくテキパキと進んで、考える暇なんてないんですよ。

私がもし、被害者側になったとしたら、そう至った理由を何年かかっても、徹底的に知りたいと思います。そのためには、犯人には生きていてもらわねばなりませんが、、、
これまた複雑です。
管理者:0bano 2010/10/27 09:45


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]