忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




09/07小さなダリア
20代前半の頃、私はヒッチハイクで
前夫と「新婚旅行」に出かけました。
(入籍直後で、そいう名目で休暇取得!)
山の上で開かれるロックコンサートが
目的で、金沢駅の構内で一泊しました。
乗せてくれた人も、駅員さんも親切で、
若いもんは、それでいいんだーという
暖かさを、たくさんもらった旅でした。

ヒッピー・ムーブメントの時代背景もあったとはいえ、
女連れのヒッチハイクは、少々珍しかったかもしれません。
不思議な事が起こったのは、深夜近くに戻った名古屋駅でした。

(この記事から初めて読むという方は、2つ前からどうぞ)

地下鉄がもう動いてなくて、(昔は終電が早かったー)
仕方なく、始発まで待つということに。。。
当時、名古屋駅のコンコースは「浮浪者」の根城になっており、
彼らと距離を置いて、寝袋を敷いてから、トイレに行きました。

その入り口で、いきなり会ったのが、オカマの方で、
「あのね、紙がないのよー」と話しかけられました。
(当時は駅のトイレには、紙が備え付けられていなかった)
その時代の、その筋の方は、今と比べると洗練されておらず、
顔を合わせた時、ギョッとしてしまって、紙はあげずじまい。
後から入ってきた中年女性は「何、今の?、気持ち悪〜」と。

その後、戻ろうと歩いている私を指差して、「浮浪者」が
「なんだ、おめー、ケツ垂れてるじゃないかー」
と言って仲間と、ゲラゲラ笑うんです〜

私はオーバーオールを着ていたのですが、確かにお尻は垂れ気味〜
からかわれて怒りつつ、なんでわかるんだろうと不思議な気分。
その後も、夫といるのに、遠くからからかうので、疎ましくなり、
結局、荷物を畳んで「なんや、行ってまうんかー」という声を尻目に
(もしかして、友達にでもなりたかったのかい!?)
自宅のある本山まで歩いて帰ろうと、駅を出ました。

オカマ&「浮浪者」の方々は、他の人には全然声などかけておらず、
偶然としてもなんで私? という疑問は根底に残りますが、
名古屋駅に泊ろうという私も、エエ根性でしたね。(目立ったな?)

当時のノンビリした空気が、今はちょっとなつかしい〜
そしてその帰り道に、また知らない人から、声をかけられるのです。

地下鉄の数駅分歩いたあたりで、車道のバンが停車して、
30代半ばくらいの男性が、「どこまでいくのー?」と。
わけを話すと「乗りゃぁ、送ってあげる」とありがたいお言葉。

車中で話していると、駅のそばで私たちを見て、用事を済ませて、
また先で歩いているのを見て、どこまでいくのかと思ったそうです。
自分も学生時代に無銭旅行をして、乗せてもらったことがあるから、
これは、その時のお返しなんだよと。( いい話でしょ!)

今は、その時にお世話になった事に、恩返ししていると思えば、
道を尋ねられるくらい、なんのそのー  
私はそういうオーラを、知らず知らず出しているのかもしれません。

なぜかオカマの◯◯君に、妙に好かれたこともあったし、
今は、ホームレスの人とも友達になって、月2でお茶してるし、
世界も広がって、少しは恩返しもできていると思いたい〜〜  

長文を読んで頂き、ありがとうございました。
よろしかったら、あなたの感想を、コメント欄にどうぞ。
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

謎のオーラの原因
名駅でお泊りをしようと!!
おカマちゃんに声をかえられ??
知らない方が車にのせてくれた?!

うーん、すごい経験ですね。
最近金山駅で事件があったりで、地下鉄で
怪しい人を見るとちょっと離れたりする自分が
悲しいです。。。
さくら 2010/09/10(Fri)22:01:21 編集
さくらさんへ
金山の事件は、利用者には驚愕ですよね。

これは、35年前だから出来た事で、、、
今や私も、ホームでは絶対に一番前には並ばず、
おやしい付きの人がいたら、次の駅でわざわざ、
車両を乗り換えて、自己防衛しています。

良くない意味で、何が起こるかわからない世の中に、
なってしまいましたよね。悲しい〜
管理者:0bano 2010/09/11 06:03



謎のオーラの原因
ずっとコメントしたくて今になりました。
うう~~ん・・・やはり声をかけたくなる人なのですね^^
それだけ親しみやすい^^優しそう^^それなりに美しい^^
30代半ばですよね^^
オカマさんもペーパーいるんですね・・・
すみません。たいしたコメントじゃなくて・・・
でんでん虫 URL 2010/09/14(Tue)18:54:33 編集
でんでん虫さんへ
とんでもないです。たいしたコメントです〜

>それなりに美しい^^ 
→別の正解[そこそこ美しい]

>30代半ばですよね^^
→正解[1行目に書いたとおり、20代前半の頃の事です]

>オカマさんもペーパーいるんですね・・・
→解説[改修工事終了後か、のほうだったのか、、、]

ともかく、貴重な体験だったのは間違いないです。
管理者:0bano 2010/09/15 08:43


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]