忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




昨夜は、寝る前に偶然切り替えたNHKの番組に釘付けになり、
歯ブラシを手に、テレビの前で立ったまま、見てしまいました。

釜石の小中学校では、過去の津波の体験を生かして、
命を守る為の津波の避難訓練を、ずっと行って来たそうです。
私は、途中から見たようなのですが、
避難の指導をしてきた片田敏孝教授が、震災後に現地入りし、
津波被害の様子に、これは大変なことになっているのではと
涙しながら、調査に向かうところでした。

小中学校が、並んで建っている箇所では、
中学生に小学生を引率するように、(以下私の記憶では)
「君たちは守られる立場ではなく、もう守る立場だ」
というような指導をしてきたそうで、
そのせいで避難が遅れて、津波にのまれていたらどうしようと
教授が次第に不安になる心情を、吐露されていました。

私もテレビの前で、どうなったのかとドキドキしてきて、
教授が自分を責める結果になったらどうしようと、心配ピーク。

でも大丈夫だったのです!!
子供達はちゃんと、大きい子達が小さい子をかばうようにして、
大きな不安もなさそうな姿で、(日頃の訓練のたまものですよね)
冷静な判断で、無事に避難を終えていました。
その時の様子が数枚の写真に収められていて、画面に出た時には、
ジャージ姿の子供達が健気で、、、涙が出ました。

その写真はネット上にはなかったのですが、検索で探したニュース記事がコチラです。最後の、当日欠席していた児童の安否が不明という文面が、悲しい。

教授は避難所で、子供達と再会するのですが、子供達の無邪気というか〈訓練どうりに避難しただけだよ〉という表情に、私も心から安堵できました。そして、、、
久しぶりにやすらかな気持ちを取り戻して、眠りました。
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]