忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [179]  [178]  [177]  [176

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今朝のTVで、避難所のトイレについて
「水が流せないので我慢して、体調をこわす人もいる」と聞き、
溜まっているイメージを想像してみると、あまりに悲惨。
掃除しようにも、充分に水も無く、汚物の処理は、、、

先日デパートで、お部屋のような奇麗なトイレを使ったので、
よけいに落差を感じて、便利さの裏にある「弱さ」を思い知ります。
早く改善されることを祈りながら、少し書きたいと思います。

今日の報道で、高齢の女性たちが、おかゆのような食事を食べている映像を見たのですが、とっても憂鬱そうな表情だったので、もしかして食べた後のことも考えてしまうのではと、想像してしまいました。
母を見ているとわかるのですが、高齢の女性は、トイレに時間がかかるので、遠慮してゆっくり用を足せない環境では、よけいに便秘になりそう〜

難を逃れて命が助かり、次第に水や食料が供給されたとしても、トイレがこんな状態では、衛生上はもちろん、精神的にも相当の苦痛です。震災のストレスで、下痢する人も多いと聞きましたし、女性は生理もあるわけだし、とても困ってしまいます。

少し調べてみて、大震災を経験した神戸市は、さすが対応が早く
他からも、助けの手が少しづつ伸び始めているようではありますが、
まだまだ行き渡るには、これから時間がかかりそうです。
人としての尊厳にもかかわる問題でもあり、心理面への影響も大きいので、自分も何かできることないかと考えたけれど、結局は募金しかなさそうです。

 すでに動いている関連支援のニュース等
神戸市HP/3.13付
日本経済新聞 Web刊3.16付
岐阜新聞Web/3/20付
msn.産経ニュース/3.21付

 簡易トイレの作り方など NHKで紹介されたようです。
「あさいち」特集「東北関東大震災」

 twitterで、ほっとするものも見つけました!
志津川小学校に避難する子供達

最後に「トイレの神様」の植村花菜さんのblogの「☆東日本大震災☆」という記事に、ライブ会場などで、被災地のトイレのために募金をしてもらえないかとお願いしてみましたが、今とてもお忙しいのに、迷惑な提案で、、、多分、掲載承認されないと思います〜
いつも通り元気に歌っていてくだされば、それも大きな力になる方ですし。
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

トイレの事情
高齢者の方は人様に迷惑をかけたり、恥ずかしかったりで大変でしょうし、若い女性も男の人に言い辛かったり、ご苦労されていると思います。

もう2週間経ってしまいました。
余震で眠れなかったり、食料が乏しかったり、私などは軟弱なので、お風呂に入れないのも苦痛だと思います。

少しでも早く、少しでも良い状況になりますように!と祈っています。
nori 2011/03/25(Fri)10:07:03 編集
noriさんへ
この2週間の間、妙にソワソワしてしまって、
私は、なにかしないではいられない状態です。

植村花菜さんのblogでは、私のコメントを【197】として、
承認・掲載してくださいました。ありがたい〜 
困っているポイントに、支援が届くことを祈るのみ〜
毎日当然としてきたことが、突然出来なくなったら、かなりのダメージをうけますよね。復旧までの間、少しでも良い環境で避難生活を送れるようにと、願うばかりです。
管理者:0bano 2011/03/25 15:36


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]