忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





全く、なんて妙な映画なんだろうと、
正直あぜんとしつつも、なぜか
後から不思議な気持ちになる、、、
これは、そういう映画でした。

延長されたスポットレンタル@50円の範囲で、
松山ケンイチ出演映画を常にあさっていて、
ようやくこれが、レンタル可になったので、
喜んで見ました。しかしファンタジーどころか
ホラーかと思わせる展開に、驚きの連続〜

amazonの広告は、購入のお勧めではなく、
著作権をクリアした画像を使用する為に載せています。


ユニークな脳を持つ主人公・陽人(松山ケンイチ)は、
いろいろやらかすけれど、それでも周りの人に、
まぁそういうヤツだからと、受け入れられていたことがスゴイ、
という不思議な感慨が、後からじんわりと湧いてきました。

最初は彼の素行に驚いて、警戒していた町子先生(麻生久美子)が、
(麻生さんの映画も結構見てしまっている私です)
次第に彼を受け入れて、仲良く二人で森を歩いている時に、
陽人がクマに間違われて、撃たれて死んでしまい、、、そして
その後は、彼の一部を持ち歩くという、愛し方も凄まじい。

そしてそのクマにも、究極に受け入れられたというラストシーン。
つまり、異様だけど、愛されたストーリーには間違いないんです。

この映画の、ウルトラミラクルさ加減ときたら、
絶対に、見てみないとわからないと思います。
松ケンファンじゃないけど後で怒らないという方は、ぜひご覧あれ。

夫が早口の津軽弁が全然わからないとうるさくて、通訳に疲れ、
途中で日本映画なのに、日本語字幕を探し出して見ました。

公式サイトはこちら


PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

本当にウルトラミラクルだった「ウルトラミラクルラブストーリー」
てっきり甘いラブストーリーかと思っていました(汗;
旦那さんが出張とかで居ない時借りて見てみたくなりました。
でも、その前に借りたいのが『デトロイトメタルシティ』です。
あのフォークギターを弾く笑顔がとても印象的で『見たいな~』といつも思っています。
nori 2010/12/01(Wed)18:01:54 編集
noriさんへ
『デトメタ』は、私はTV放映で見たのですが、
だいたいが、カメレオン俳優と言われている松ケンが、
ものすごく対照的な2キャラを演じていて、
あのメイクと衣装で、疾走するシーンもさすがです!

『ウルミラ』はシュール過ぎて、理解不能の声もありますが
脇の俳優陣が、渋めで豪華で、一見の価値ありです。
津軽弁が「わがんねぇー」ときは、字幕がおすすめなのと、
スケジュールボードは、ポーズでじっくり読んだほうが

エンドロールで「キタキマユ」の名前を見つけて、元気で活躍していることがわかり、ものすごく嬉しかったです。
(産休をとる先生役だったのに、わからなかった〜)
この歌が好きでCDを買った人だったんです。
http://www.youtube.com/watch?v=M1P5wi0nh3E&feature=related

(長くなってごめんなさい)
管理者:0bano 2010/12/02 08:34



本当にウルトラミラクルだった「ウルトラミラクルラブストーリー」
『カバチタレ』は見た事が無くて、全く知りませんでしたが、「この曲は絶対知っている!」と思ったとたん『岡崎友紀』が浮かびました。
お洒落にアレンジされていますが、私もこのメロディーライン好きです♪
気持ちが優しくなります。
nori 2010/12/02(Thu)15:15:33 編集
noriさんへ
そうなんです〜『岡崎友紀』さんのカバーなんです。
甘〜いアレンジだけど、べっとりしていなくて、加藤和彦作曲・安井かずみ作詞の が出そうな名曲〜
(おふたりとも、もう、故人ですものねー)

歌っているキタキマユさんは、ミュージカル・映画など、最近は女優さんとしても活躍されているようですが、松ケンと同じ事務所で、彼の次回作『 うさぎドロップ』でも共演するようです。
今度は育メンのお話で、娘役が「Mother」の芦田愛菜とか。

ずっーと が 50円で借りられたら、いいんだけど〜
管理者:0bano 2010/12/02 23:35


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]