忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




やっぱり書き留めておこうと思います。
久々にしっかりと見たドラマだったし、カメラワークなど
TVとは思えない、微妙な作り込み具合にも、感心しました。
(地味なようで、案外と、 かかっているのかも〜)

第一話を見た時には、母性に共感するドラマかと思ったのですが
見終えると、私にとっては、少し別の意味がありました。

以前に私が書いた「mother」に関するblog記事
4/17  「母性」
5/11  「ふたつのドラマ」

子供でも大人でも、相手の立場と気持ちを尊重することの大切さ、
それが登場人物のいろいろなシチュエーションに、貫かれており、
虐待する母親は、それを捨てたと言えるのではと、思いました。

それは自らが、大切にされたことがなかったからか、、、
あるいは、すべてが嫌になるような、むごい経験をして、
その時に、心に寄り添ってくれる人が誰もいなかったら、、、
誰の身にも、あり得ないことではないですよね。
理解してくれる人の存在があれば、救われたのかもしれません。

親でなくても、誰かから愛された記憶は、人を生かしてくれます。
そういう暖かい経験があれば、自分で自分を守ることができます。
何人もの人から、少しずつの愛情をもらって、
それが大きな力になることだってあります。

この「mother」は、登場人物それぞれの、
「愛情」の物語だったのだと、私は思いました。

私も以前、虐待ではないけれど、、、ある環境下のお子さんと、
ちょっと不思議なお付き合いを、しばらくしたことがありました。
でも最後は、そのお母さんの嫉妬によって、私の判断で離れました。
もう成人しているだろうその子のことを、今でも時々思い出します。

元気でいてくれればいい、望みはそれだけです。



この動画は、著作権に触れるおそれがあり、削除される可能性あり。
関心のある方はYuoTubeで「mother」と入れて、ご覧下さい。
PR


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]