忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




家出イラスト
このエッセイを書いたのは、たぶん
私が一番忙しかった頃だと思います。
今は、家族の状況も大きく変わったし
ありがたいことに、時間を経るごとに
私の存在価値は増大していったので(?)
タンカも「なんなら出てって!」かも〜

こちらで、ゆっくりご覧ください。
「おばさんの気持ち/家出」 
翌月号に載った読者からの手紙(抜粋)

コメントができる設定にしますので、感想などよろしく〜

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

お気に入りエッセイ/家出
あはは!
家族に妻&母のありがたみを分からせようと家出を企てても、自分が苦しむ羽目になる~~♪
読者さんの共感が、すごいわぁ!!
みなさん、実行できない歯がゆさを感じながら、暮らしているんですよね♪
でも、それで家庭も上手く回ってる~~

楽しいエッセイ、次回がまた楽しみです♪
えごま 2010/06/21(Mon)13:18:52 編集
えごまさんへ
なんだかんだと言いつつも、実は見えないところで、
家族それぞれの努力が払われていることだって、
わかっちゃいるけど、頭に来るときは来る!
って、一体全体、何が言いたいんだかー

もう「家出」なんて、全然したくない今、
家中見渡してみると、98%私の世界デスネ!
管理者:0bano 2010/06/21 14:33



お気に入りエッセイ/家出
主婦ではないですが、現実逃避を試みるたびに似たような感慨を催しています。
宿泊はテントで何とかなるのですけどね〜。
NONAME URL 2010/06/21(Mon)14:42:59 編集
NONAME kiyoさんへ
twitterのほうで、名乗り出てくれてありがとうございます。
(でも「テント」で、ほぼ2名以内に特定できてました

現実から逃げようとしても、結局は現実を思い知る結果になって、むなしいことが多いような〜
現実を変えるのは大変なようだけど、
少しずつではあるけど、確実に変わって行くはず。。。

そういうのを専門用語で「諸行無常」と言うらしいです。
ほんまかいな〜
管理者:0bano 2010/06/22 08:58



お気に入りエッセイ/家出
私も結婚していたころ、何度家出しようかと思ったことか・・・
ついに切れて2度ほど子供もおいて、でたことが。。。さすがに実家には帰れず、友人宅へ。
朝帰ると玄関があかない。。。なんてことも。。。
結局、バカみたいなことしたなぁ~なんて。。。
今は誰も止めんといて~~~って言われないと思います。ひとりですから~^^;
でんでん虫 URL 2010/06/21(Mon)17:27:16 編集
でんでん虫さんへ
実行しただけエライ!! ←つまみ付き
受け止めて(泊めて)くれる、ありがたい友達は、
常に一人はキープしたいものですねー。 ←癒しタイプ

止めてくれるはずの人が、止めない場合は、
「止めんかい!」と、突っ込みたくなりますし
止められたのに振り切って、出て行くのに憧れちゃうし、
ベストなのは探しまわって、迎えに来てくれないとね〜
(むなしい夢で終わりましたが。。。
管理者:0bano 2010/06/22 09:11



お気に入りエッセイ/家出
Obanoさんの顔が確かに若いですね♪

妹は、夫婦喧嘩をして家を出て、暫くして(多分行くところがなくて、Obanoさんと同じ事を考えたんだと思います)家に戻ると、チェーンロックをされていたとかで激怒していました(苦笑)
うちは私に帰る実家がないので、旦那さんが出ていくとか言われて、出来るだけそうならないように気をつけていますが・・・
確かに旦那さん本人の事も気になるけど、戸締りとかゴミ出しとかが心配になっちゃいそう(汗;
nori 2010/06/23(Wed)16:49:13 編集
noriさんへ
チェーン・ロックはスゴイ!!
義弟さんは勇気があるのかも〜
我が家なら、さしずめ夫が全部鍵を開けて待っていて、
それにまた私が激怒する(用心が悪い)という
馬鹿馬鹿しいパターンかもしれません。

自分のいなくなった後の部屋が、どうなるのかと思うと、
ゾッとしてしまって、そうそう「家出」もできませんが、
夫婦によっていろいろで、笑っちゃいますね。

管理者:0bano 2010/06/23 21:15


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]