忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[175]  [173]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




02/02オリズルラン
人はそれぞれ、味の感覚があって
好き嫌いもあって、好みもあって、
食べ物に関しては、十人十色ですよね。

でも、忙しい中で一生懸命作った料理を、
もし、本当にそう思ったのだとしても
「まぁまぁ」という人と、後で何度も「おいしかった」と
言ってくれる人では、作り手の心が、変わってきます。
お世辞でも褒めて感謝してくれた人には、何度も作ってあげたい、
いろいろと作ってあげたい、もっと喜んでもらいたい〜

私の作り手としてのスタンスが決定しました。
これからの時間は、喜んでくれる人の為に使います。
あれこれメニューを考え、ウキウキして作るのは、幸せなこと。
家族以外に手料理を作るのは、少数限定にすることにしました。
「まぁまぁ」とこいた♂友人は、絶対にこれを読んでないのですが、
もう二度と作らないから、「おいしい」ものは、よそでどうぞ。

ああぁ、なんかスッキリしたワ〜
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

友達の味覚
深〜く共感
作ってもねー、美味しいって一言も言ってくれないんですよぉ(愚痴)
「そういう人だから」って慰められてもデスネェ
kiyo URL 2011/02/03(Thu)23:58:43 編集
kiyoさんへ
深〜く共感していただけましたかぁー

何も言ってくれない人は、自分では料理しないことが多く
材料の仕入れ→下ごしらえ→調理→盛りつけという苦労が
わからないので、感謝の言葉が出ないのかも。。。

抵抗(傾向ではない)と対策としては、調理中に味見してもらい、自分の意見も反映させることによって「参加した感」と多少の共同責任を持たせるというのは、いかがかしらん。夫の場合はかなり成功して、天板系は自分で作るようにもなりました。♂友達はそこまで面倒みきれませんワ。

、昼、夜と作っている私は、人が作ってくれたものなら、なんでもおいしい〜
管理者:0bano 2011/02/04 16:06


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]