忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




12月号/孤独死とは言わないで
今日は第4水曜日、パパスの日です。
早起きして、配達されたてのものを
さっそくスキャンして しました。

これは数年前の出来事ですが、
今は悲しいというよりも
人生の先輩から、心に栄養をもらえるような気持ちで、思い出します。

こちらでアップで読めます。
コメント欄にまた、感想をお願いしますね。
PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

12月号/孤独死とは言わないで
はじめまして。今朝の記事が目に留まってブログにも初めてお邪魔します。
30代・未婚未産のワタクシ、ある方に「かわいそう」といわれて初めて「(へ~、ワタシってかわいそうだと思われてるのね)」と認識したくらい、鈍感なのかもしれません。
"日本人の一般的な女性の人生のあり方"を幸せの枠内と信じている人から見れば、"枠外"は不幸そうでも、意外とそうでもないんですけどね(笑)
COP10開催地名古屋で、絶滅危惧種(ワタシ)は今日も元気に生きてます♪
hananoka 2009/11/25(Wed)11:40:07 編集
hananokaさんへ
ようこそ、いらっしゃいませ〜

「かわいそう」という価値観は、かなり主観的なものですし、ひとつの世界からしかものを見ていない人は、人生の幅が広がっていかないのではないかと思います。
小見出しにも書いたように「豊な人生は形を問わない」ので、人のことをとやかく言う人は、自分が幸せでないと、公言しているようなものだと思います。

本当のしあわせは、心の中に大切にしまっておくべきものです。
人に見せたり比べたりするものではありませんものね。
管理者:0bano 2009/11/25 15:14



12月号/孤独死とは言わないで
かわいそうとは、思わないかなぁ。。。
ひとりはたしかに不安に思うこともありますよね。現在一人暮らしの私ももし、突然死がやってきたら、いつ誰がみつけてくれるだろうかとたまに思いますが、これだけはわかりません。
結婚してれば幸せとか子供がいれば幸せとかそれはその人が決めることで周りは何もいえないし、(言いたがりますが)彼女はよく生きたのではないでしょうか。。。どうなんでしょうね、、、あまりたくさんのものを手にいれたくない私です。

いつもイラストおもしろくて、上手で笑ってしまいます。老人化が進んでいるおばさん(私)もひとつひとつ積み重ねていきたいと思いました。
でんでん虫 URL 2009/11/27(Fri)18:03:28 編集
でんでん虫さんへ
私があのように書くことも、Nさんにとっては、
もしかしたら、おこがましい行為かもしれませんが、
きっと許していただけると勝手に信じて、書きました。

良く生きることは良く死ぬこと、、、って
確か、あの日野原重明先生も言ってらしたし、
やはり「今」を大切にして、生きて行きたいと思いますよね。
管理者:0bano 2009/11/27 19:59



12月号/孤独死とは言わないで
Nさんはご自身の人生を全うされたと思います。
自由と孤独は背中合わせですが、おもいっきり人生を楽しんで天国にいかれたのではないでしょうか。
ちゃんと、異変に気づいてくれる人がいたなんて、幸せな方だわ~~
我が家は子供も居ないので、旦那か私のどちらかが1人になったその後はどうなることやら~~
一生懸命ご近所やお友達と仲良くして、最後を見つけてもらわなくっちゃ!!
えごま 2009/11/28(Sat)11:29:32 編集
えごまさんへ
Nさんはとても若く見えて、60代でも40代と間違われ、
いつもシンプルな服装で、知的な方でした。

私が最後に御会いしたのは、我家の側の交差点で、「照明の色が変わったね」と言ってくださり、交差点側の居間の灯りを暖色に変えたばかりだったので、いつも見ていてくださったのだと、驚きと同じに、節度のある暖かい親しみを感じました。

たとえ最期はどうだって、(もし 化していても〜)、私がどんなふうに生きたかを知っていてくれる人が何人かいれば、それでいいなーと思います。
そう考えると、何も恐くないんです。
管理者:0bano 2009/11/29 08:14



12月号/孤独死とは言わないで
この方の最後に『孤独死』という言葉は似合わないと思いました。
とても充実された人生を綺麗に終わらせた感じ。
もし誰かが傍にいて、病院へ連れて行かれ、心臓だけが動いている状態になるより、潔い往き方で羨ましいです。
私もこういう最後がいいな~
旦那さんに読ませたくなりました。
nori 2009/12/08(Tue)10:17:36 編集
noriさんへ
どんなふうな最後になるのかは、自分では選べないので
なかなか悩ましいですが、そうなった時には、自分はもう
何も分からないので、「あとはよしなに〜」ですね〜

身寄りがないからと言って、哀れとはいえませんよねー
誰かに愛された歴史が、その人の死後の尊厳をも守ると思います。ますます、ご主人と仲良くお暮らしくださいね。
管理者:0bano 2009/12/11 06:25


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]