忍者ブログ
  なにげない日常の言葉のスケッチブック/by Obano Michiyo
Admin*Write*Comment
[1]  [2

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




4/11ゼラニュウム
高島屋にできた新しい ドーナッツ店
側を通るたびに様子を見ているのですが、
開店当初よりましとはいうものの、
2時間近い待ち時間ではねぇー。。。

こうなる前から行列のあったバームクーヘン屋さんは、
ちょっと落ち着いてきているようです。

話題の物に興味はあるけど、並んでまで買う根性がない私は、
いつになったら、あの が食べられることやら〜
食べた人は「別に、特に、、、」と言ってたけど、私も食べて
「まぁ、こんなもんかっていう感じだけとねー」とか、
「何時間も並んで買うほどのことも、、、」とか言ってみたい。
PR



03/26雲
先日 で、某携帯会社がスポンサーの
漫才コンテストがあり、見たのは後半でしたが、何と賞金 が一億だったんです!
詳しいことは知らなかったので「これは絶対に『おもしろい落ち』がある!」と思い込んで、私は見ていました。

全体的な出来も、M−1等に比べてイマイチだと思ったし、
実際、勝ち残った「N.S.」の動画のパフォーマンスも、クオリティは普通で、、、私は本気で、「これはいったいどんな落ちになるのかな〜」と、そっちに期待していたんです。

詳しくはニュース
(動画サイトで検索すれば、彼らの作品もみられます)



02/20空
毎回、 そんなに見ないよーと思い、
結局、いろいろ見てしまうオリンピック。
なんなんでしょう、この吸引力は。

4年間の努力を 数分に凝縮して、
滑って踊って、 笑って 泣いて〜
なんだかんだと、結構見せ場があるんですよね。
紹介される人間ドラマにも、いつのまにやら興味津々。

男子フィギュアが終わって、ちょっと安心してますが、
今度は女子がどうなることかと、 期待半分、 不安半分。
(私が不安がっても、全く大勢に影響はないんですけどねー)

アスリート達が自分と戦っている姿は、いつもまぶしい〜



02/18 小人の小屋で
このblogの、左の列のトップに、
[twitter] のウィンドウがあります。
あの世界では、今していることを投稿するときには「○○なう〜」と表現します。
「朝食なう〜」とか「出勤なう。」等々。

Follow simpleroom on Twitter Obanoのツイッターに行けます。
ツイッターってなに?



オリズルランの花が咲く
あともう少しで暖かくなるから、、、
そう思って寒い数日間が過ぎました。

そんな日々の中でも、唯一暑かったのは、
デパートのチョコレート売り場。
いろいろ見すぎて、迷って、疲れて、、、
店員さんが試食用ではなく、自分達用に買ったというチョコを一粒、
「これ食べて」と、私にくださったんです〜

あの 型の小さなチョコレートは、私への(最近男女は問わないそうで)
早めのバレンタインのチョコでした。心から感謝〜



11/18紅葉
私の住むコミュニティーで問題が起こり
皆で解決の方向を探ることになりました。

都会だっからって、現代だからって、
自分(の家)だけよければ、隣がどうだろうと
他人のことは知らん振り~ は私は嫌です。

なぜ、ルールを守れない事案が起こるのか、、、
根本はきっと、人の気持ちの問題だと思うのです。
大人が何人も集まって、皆が相手のことを思いやれば、
きっと解決するはず、、、だと、いいんですけどね~



10/19動く雲
10代の頃に読んだ「アンアン」の記事が、忘れられません。
加藤和彦さんが、最初の奥様のミカさんの実家へ行き、「娘さんをください」とあいさつに行った時のお話で、「男は一生に一度は、この茶番劇を演じなければならない」と、嬉しそうな2ショットが。
とってもほのぼのして、でも可笑しくて、何度も何度も読み返しました。

愛した女性と、一緒に仕事するというライフスタイルも
私にはできないけれど、彼らしくていいなーと思いました。

音楽と女性を愛し、自由な空気を振りまいていた人。
病気が彼を苦しめて、自分自身を愛することを忘れさせてしまったのか、、、
伊丹十三さん野沢尚さんの時と同じで、驚きが多すぎて、
悲しいというより悔しいのです。とっても、とっても。



10/10風とざくろ
昔一緒に仕事をした歳下の友人が
俳優として東京で仕事をしているのを
偶然ネットで、見つけました。

気付かずに見ていた番組にも出演していて
なかなか活躍している様子で、驚きました。
いつしか年賀状も途絶え、共通の友人とだけ
やりとりが続いていますが、その人も知らないのでしょう。

こうやって、人は各々に、出会って別れて、生きていく、、、、
どこかでまた交差するポイントがあれば、再会できるかもしれません。
月日が経った分だけ、そんな未来の出来事にも期待したくなってきます。




10/05松葉ぼたん
日曜日のスーパーの朝市は、とても
込み合って、カートも足りないくらい。
嫌なんだけど、行く羽目になってしまい、
レジ待ちにしても、商品を詰める台にしても、
思いやりや譲り合いを忘れた人を見て、
やっぱり、来るんじゃなかったと、、、

でも、取りにくくなっているビニール袋を、
自分のついでに、おばぁさんに1枚取ってあげたら
「まぁ、ご親切にありがとう!」と、笑顔を下さって、
ほっとして、救われた気分で帰ってきました。

ほんとうに、、笑顔っていいものですね~
日頃の心の中が、そういうとっさの時に出るのだと思います。
ああいう穏やかな人になれるように、修行、修行!



07/23丸い石
一応、TVで見た観測器具も手作りし、
曇り空を見上げてその瞬間を待ち、
日が射した時だけトイレにいた私は、
結局TVでしか見られませんでした。
費用をかけて南の島まで遠出して、
雨に降られた方々も、お気の毒です。

しかしながら、凄く感動するとか、人生観が変わるとか、
あんまり何度も聞くと、そんなたいそうな〜と、
疑問に思ってしまう、悲しいアウトサイダーの私。
だいたい、こんなふうに、天気が思うようにならないだけでも
「自然の成りゆき」を感じて、そこそこ謙虚に暮らせるんだけど。


twitter/ツイッターやってます
blogが更新できない日でも、小さな気持ちをつぶやくことがあります。フォローの付けはずしはご自由に〜

follow simpleroom at http://twitter.com

連続twitter物語から生まれた わやblog「おばかとおばん」
12/9の66回をもって終了しました。
カレンダー
'10/9/26更新 / 世の中、どういうご縁があるのかわからないので、コメント欄を復活させることにしました。
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ウェルパパスは休刊に。
尾波野道代のエッセイ「おばさんの気持ち」は、ウェルパパスの休刊により、終了しました。今後はこのblogで、「気持ち」を発信します。 今のところ「おばさんの気持ち」の一部のバックナンバーが、「ナゴサク」でまだ読めます。
仕事のお問い合わせ等は、↑メールフォームをご利用下さい。
プロフィール
HN:
0bano
性別:
女性
自己紹介:
 名古屋市在住。
 デザイン・著述・賄い・メイド・マッサージ係と、多忙ながらも老後に備えて昼寝もこなす、多角戦略の良妻健忘症。座右の銘は「男もおだてりゃ皿洗う」
最新コメント
[06/11 かずちょこ]
[05/31 nori]
[05/29 えごま]
[05/28 座敷猫]
[05/28 でんでん虫]
[05/27 サム]
[05/15 かずちょこ]
[05/11 nori]
[05/10 でんでん虫]
[05/02 サム]
カウンター
ブログ内検索
バーコード
Copyright © こんな日々の記憶 All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]